新建築社より月刊「新建築」の別冊として、弊社の施工を特集した2012年12月別冊『施工から読み解く建築-北野建設の仕事』が刊行されました。
本書は、弊社の現場におけるものづくりの精神を、施工プロセスを詳細に辿りながら明らかにし、完成された建築からは見えてこないものづくりの真髄の部分をていねいに紐解くことで建築の魅力に迫る特集号となっています。

『施工から読み解く建築 ─ 北野建設の仕事』
『新建築』 2012年12月別冊
施工から読み解く建築─北野建設の仕事
定価:3,500円(本体:3,333円)

「東京本社の『ものづくり』」と「本社(長野)の『ものづくり』」、「長野の『まち』をつくる」の3章立てとし、「東京本社の『ものづくり』」では、「物質試行42 池田山の住宅(設計:鈴木了二建築計画事務所)」や「集合住宅?田園調布TT(設計:横河健+国枝東史生/横河設計工房)」など、アトリエ事務所のこだわりのデザインをどのように実現しているのかを紹介しています。「本社(長野)の『ものづくり』」と「長野の『まち』をつくる」では、「小布施町立図書館『まちとしょテラソ』(設計:古谷誠章+NASCA)」「えんぱーく 塩尻市市民交流センター(設計:柳澤潤/コンテンポラリーズ)」などの公共施設や、「桝一客殿(小布施堂)」や「八幡屋礒五郎大門町店」など、地元に密着した作品にも注目します。各作品の工程表や施工図も掲載。

新建築社のウェブサイトへ ?

  • サンプルページ1
  • サンプルページ2
  • サンプルページ3
  • サンプルページ4
  • サンプルページ5