行動指針

北野建設グループは、事業活動を通じ経営理念の具現化を実践するとともに、社会からの信頼に誠実に向き合い、持続的な発展に貢献することを目指します。

  1. 北野建設の経営者?社員は「経営理念」「経営方針」や「企業行動指針」を正しく理解し、周知徹底するとともに実践を行い、企業倫理の徹底を図ります。
  2. 適切な品質管理や先進技術の開発等を通じて、建設生産物の品質確保と向上に努め、工事の施工にあたっては安全第一主義を徹底するとともに、個人情報、顧客情報の保護に十分配慮し、消費者?顧客の満足と信頼を獲得します。
  3. 事業活動にあたっては、法令?法の精神、社会的規範を遵守し、社会から求められる企業の社会的責任を果たします。
  4. 公正、透明、自由な競争を旨として事業活動を行うとともに、政治、行政との健全かつ正常な関係を保ちます。
  5. 株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを図り、企業情報を適時?適切に開示します。
  6. 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力?団体に対しては、毅然とした態度で臨み、反社会的行為は行いません。
  7. 国際的な事業活動においては、国際ルールや現地の法令を守り、現地の文化や慣習を尊重し、その発展に寄与する経営を行います。
  8. 地域社会と良好な関係を構築し、よき企業市民として積極的に地域社会の発展に貢献するよう努めます。
  9. 自然保護など地球的規模における環境保全のための取り組みを推進し、良好な環境を創造するため、自主的、積極的に行動します。
  10. 人財は最大の資産であり、社員の健康を重要な経営課題と捉え、人権?個性を尊重するとともに安全で働きやすい健康的な職場環境を確保し、社員や家族のゆとりと豊かさの実現に努め健康経営を推進します。
  11. 「持続可能な2030年までの開発目標(SDGs)」を重要な国際社会共通の目標として捉え、その達成に向けて行動します。
  12. 本指針に反するような事態が生じたときには、経営トップ自らが問題解決にあたり、原因究明、再発防止に努めます。また、社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を遂行し、権限と責任を明確にした上、自らを含め厳正な処分を行います。